東京の葬儀参列の際のファッション


東京の葬儀参列の際のファッションとしては、喪服で参列するのが基本です。
東京の葬儀参列の際には、男性はブラックスーツ、女性は黒のワンピースやアンサンブル、スーツなどが基本です。
男性のスーツについては、ダブル、シングル、三つ揃いなど、どれでも大丈夫です。白いシャツに黒無地のネクタイをつけます。
ネクタイピンやカフスボタンはつけないようにしましょう。
靴や靴下は黒を着用します。金具の無い靴を着用しましょう。
女性の場合には、黒のワンピースやアンサンブル、スーツなどを着用します。
肌はあまり露出しないほうが良いですから、夏場であっても五分袖程度のものを着用するのが望ましいです。
ストッキングと靴は黒を着用します。靴は光沢のないシンプルなものを選ぶようにしましょう。
結婚指輪以外のアクセサリーは外すのが基本です。パールのネックレスを身につけたりすることもありますが、その際には一連のものを用意しましょう。二連など重なっているものはお祝いの席では良いですが、弔事では避けましょう。
化粧はナチュラルメイクで控えめにし、香水などについても控えるようにしましょう。
バッグは飾りのついてないシンプルな黒いものを選びましょう。
冬場はコートなどを着用しますが、毛皮や革など殺生を意味するような素材は避けましょう。
マフラーや手袋などの防寒具についても同じです。東京で葬儀に参列する際には、なるべく光沢のある物を身につけないように注意しましょう。
基本的に遺族よりも格式の高い礼服の着用はルール違反となります。正式なモーニングや和装は遺族が着用しますので、略式の礼服にすることが基本です。